ベルテンポ・カレッジ(旅人学部)

日本で初めて(多分)の、よき旅人を育てるための学びの場です。授業ではなく、知識を得るのでもなく、旅人としての姿勢や考え方を共有します。旅は「どこへ行くか」「誰と行くか」そして、「どんな心構えで行くか」が大切です。受け身だったり、評論家気取りでは良い旅などできません。旅を通じて、自分自身が成長する。そんな考え方ができるような、さまざまな問いを投げかけます。

旅を通じて、人生の質を高めたい人。集まれ!

先日、作家の中谷彰宏さんが主宰する「中谷塾」で客員教授を務めました。

 

テーマは旅行塾。旅の作法や楽しみ方を受講生の方にお話ししました。
旅の講座はありそうでないのです。

 

旅の達人が発信する情報は

 

「お得にマイルを貯める方法」
「格安航空券の探し方」
「人気のお土産や観光地の情報」
「絶景ベスト100」

 

などが主流です。でも、考えてみたら「旅の作法」を教えてくれる場はありません。

 

私は中谷塾にまっさらの状態で、何も準備をしないで出かけました。
私が話したいことではなく、塾生が聴きたいことをお話ししよう、と考えたからです。

 

 

 

塾の冒頭、中谷彰宏さんが私に、

 

「添乗員から見て、又は高萩さんから見て、『いいお客さま』ってどんな人ですか?

 

との問いをたてました。私は即答しました。

 

「すぐに、決めてくれる人」ですね。と。

 

たとえば、

 

「来年、4月にホノルルのハーフマラソン、ハパルアと言うのがあるのです。私もフルマラソンはちょっと、さすがに、と思うのですが、ハーフならうっかりエントリーしちゃおうかな、と思うのです。行きたい人、いますか?」と会員さんに問うたとします。(ベルテンポ・トラベルは会員制です)

 

すると、

 

 

 

「行きます!」という方が必ず現れる。

 

 

 

出発日も、日程も、宿泊ホテルも行程も、ましてや旅行代金も決まっていないのに、申込の手が上がる。これがベルテンポの旅です。

 

私はもちろん、嬉しいです。主催者ですしビジネスとして旅行会社を手掛けていますから、早くに参加者の顔が見えれば、より良い質の高い旅の準備が出来ます。

 

誰が来るか分からない旅を創るのは本当に大変です。

 

そして、早く決めることで嬉しい人がもうひとりいます。決めた本人です。

 

早く決めれば、それだけ早く、旅の愉しみが始まるのです。1年前に決めれば、旅の出発日まで1年間、ワクワクしながら過ごせる。これって凄いことです。

 

 

 

旅は3回愉しむもの。

 

旅に出ると決めて、旅が始まるまで。
旅をしている最中。
旅から帰った後。

 

早くに決めて、旅から帰った後、何年も何十年も想い出を噛みしめる。
マイルとかポイントとか、お得とか損したとか、どうでもいいことです。旅の本質ではありません。

 

そんな、旅の本質を学べる場、旅の本質を問いかける場が日本にはないのです。

 

念のため、最大手のJTBさんを確認してみました。

 

添乗員養成講座のようなものや
マナー研修のようなものや、
旅行専門学校のようなものはありますが、
旅の本質を問いかけてくれる「場」はありませんでした。

 

よし、創ろう。

 

ベルテンポ・カレッジに「旅人学部」を作ります。

 

本当は「旅の達人学部」にしようかと考えたのですが、世間で旅の達人と言うと、世界何百の国を旅したとか、マイルでアップグレードしたとか、空港のラウンジはどこが凄いとか、そんなイメージが強くて、何か本質と違う気がしたのです。

 

なので、ど真ん中の「旅人」で行きます。

 

旅人学部で何をするのか

実はカリキュラムを作ろうとか、全何回とか、考えてみたのですが、ありきたりで面白くないのですね。

私が今、現時点で考える「旅人学部のゴール」は、受講生が「まさか、そこへ行くとは思わなかった」という国や地域に立っている姿です。

自分が選んだ洋服が、必ずしも似合うとは限らないように、旅の行き先も、あなたが行きたいと思っている場所と、あなたが行くべき場所は違うのです。

 

どうしてか、わかりますか。

 

私は服やネクタイを買う際、自分では決めずにプロのコーディネーターの方に助言して貰うことにしています。
素人である私が、服やネクタイを選んだところで「いつもの」無難な柄やデザインを選んでおしまいです。

 

この感覚を理解して頂ける方なら、私が「あなたは与那国島に行くといいよ。」とか「ブータンにご一緒しましょう。」とか「ホノルルマラソン走りませんか」とか、そんな風にアドバイスします。そしてぜひ、ご一緒しましょう。

 

その「意外なる旅先」までのすべてのプロセスが、この旅人学部のカリキュラムです。

 

「この本を読め」と指令が出るかも知れませんし、
「今、ホットな場所をリポートせよ」かもしれません。

 

動画や音声やメールで、旅先から旬のリポートを相互に行いましょう。もちろん私(高萩)も旅先からの雰囲気をお届けします。

 

ちなみに、旅人学部では高級リゾートホテルや旅館は扱いません。それはお金を出せば、誰でもいつでも泊まれるからです。

私たちは「お金で買える幸せ」ではなく、お金に変えられない旅の価値を追求して行きましょう。

 

 

受講資格・受講要綱

 

☆名称    ベルテンポ・カレッジ 旅人学部
☆受講期間  受講を開始して、「たいぶ達人になれたかな」と思うまで

☆試験    ベルテンポの旅に参加して、達人ぶりを相互確認する

 

☆受講料   32,400円(税込)

 

☆入塾すると  

 

   1.メールレターが届きます
   2.課題図書の提案が届きます
   3.問いの投げかけがあります(この事象についてどう思うか)
   4.行きたい旅先についてのディスカッションがあります
   5.塾生のオフ会を開催します

   6.塾生みなで旅に出ます

 

組織やこれまでの友人とは異なる、新しいコミュニティで旅を通じて、人生をブラッシュアップさせましょう。

 

 

 


ベルテンポ・カレッジ(旅人学部)受講申込


メモ: * は入力必須項目です