学歴社会。あと何年続くのでしょうか



私は大分県立大分商業高校が最終学歴ですが、今、何か困っているかと言うと、

 

全く困っていません。

 

困っていないどころか、商業高校で学んだことが20年近く後、創業した際にどれだけ役に立ったか判りません。もっとまじめに勉強しておくんだった!

 

学歴がない私が言うと、負け犬の遠吠えみたいに聴こえると思います。

高学歴の方からみると、私の人生は「残念」な状態かも知れませんが、人生って、人との比較において幸せとか不幸せと定義するものではありません。

 

だから、もしあなたが高校中退だったり、定時制高校卒業だったりしても、そんなこと卒業して10年も経てば、誰も気にしません。

 

就職しようとして履歴書を書こうとすると、それはあなたのコンプレックスかも知れませんが、自分で会社を始めてしまえば、学歴なんて誰も聴きません。

 

サービス品質と学歴には何の相関関係もないのです。

 

大切なことなので、繰り返します。
学歴をモノサシにする人は、社会の中に一定数います。
でも、そんなフィールドで生活しなければいいだけです。

 

長い人生、大切なことは学歴ではなくて、「人生に本気かどうか」だけです。

学歴に胡坐をかいて、恥ずかしい人生を送っている人は大勢います。秘書を罵倒して殴ってしまった国会議員さん。超エリートだそうですね。頭は良いのでしょうが、人として間違っています。学校と言うところは、人生で本当に大切なことは教えてくれないのですね。ベルテンポ・カレッジは「生きていく上で、本当に大切なこと」をお教えします。

 

AIR B&B、テスラ、ウ―バー…。
学歴じゃないです。本当にワクワクする素敵な世の中になりました。
学歴ではなく、実力で評価される社会。愉しみで仕方ありません。

 

大分県立大分商業高校卒業を、心から誇りに想います。
そして、こうやって、あちこちで口にしています。私の人生の自慢だからです。

 

万が一にも学歴コンプレックスの方がいたら、もっと公言してください。
高校中退や定時制卒業の社長さん、多いのですよ。
とても素晴らしい社長さんばかりです。